king

セブ島にもコーヒービーンというチェーン店のカフェが点在しております。

夜も遅くまで開いている店舗が多く、Wi-Fiも早いのでノマド気取りのクソガキ達がよくパソコンを広げて「作業」をしているのをよく見かけます。

そしてココ、朝ブレックファストメニューが充実していて結構美味しいんです。

他にもサラダやパスタ等メニュー豊富なので是非一度、試してみてください。

個人的にはベーグルが美味しくてオススメです。

 

キングダディ

king

フィリピンで1番多いコーヒー屋のチェーン店Bo’s Coffee。

意外と数少ないフィリピン産のコーヒー豆を使ったコーヒーを飲める店である。

価格はそこそこリーズナブルでスター〇ックスの様なオシャレメニューもあります。

同じくスター〇ックスの様なオシャレグッズも取りそろえてます。

個人的にはアメリカーノが飲めるのが嬉しいですね。

濃すぎるコーヒーをたくさん飲むと胃がキリキリしてくるので。

是非、フィリピンにお越しの際はフィリピン産の珈琲を堪能してください、安いけどビール同様万人に親しまれる味がココにあります。

 

キングダディ

king

シベットコーヒーと呼ばれるコーヒーをご存じだろうか?

ジャコウネコがコーヒー豆を食べ、消化できずにそのまま排泄されたコーヒー豆で淹れた何ともサイコ感あふれるコーヒーだ。

だが、このコーヒーは100gが20,000円程で取引されるまさに最高級品なのだ。

セブ島にもその名の通りジャコウネコのログマークでCivet Coffeeというお店がある。

まず、シベットコーヒー以外のブレンドやエスプレッソなんかも格段に美味しい。

韓国人の方がオーナーでファンも多く、オペレーションをしているのはフィリピン人だがラテアートもお手の物だ。

話題のシベットコーヒーは30%残りの70%はブレンドで淹れて590ペソ(約1200円)とコーヒー1杯なのにメチャクチャ割高だが、この1杯でしっかりとシベットコーヒーの特徴は感じて頂けるので是非、コーヒー好きな方はチャレンジして頂きたい。

店舗はマクタンに2店舗、ITパーク、SMシティモール、SMシーサイドモールにも最近OPENして計5店舗も展開している。

 

キングダディ

king

東南アジアの国はどこでもそうだが、フィリピンのセブ島でも例外なく路上でBBQ屋さんが朝っぱらから美味しそうな焼き鳥やなんかを焼いて売っている。

肉、ソーセージ、内臓系、その種類は様々だが大体は生でこの様に並べられていて、オーダーするとその場で焼いてくれる。

金額も1本10ペソ(20円程度)~と、とてもリーズナブルだ。

こんなのが路上で売られているのだから昼間から焼き鳥にビールなんてのが辞められない。

中にはこんなローストチキンを売ってくれるお店まである。

たまらない美味しさだ。

だがしかし、日本人が気になるのは衛生面。

この暑い国でこんな感じでタッパーなんかに常温放置は当たり前。

だが、基本的には焼けば菌は死滅するのでそんな大した問題ではない、実際に私は5年以上まったくお腹を壊したことはない。

細かいこだわりをなくせば、とても安価で美味しい思いをする事ができるので是非試してみてはいかがだろうか。

 

キングダディ

king

セブ島と言えばやっぱり綺麗な海と綺麗なネーチャンのお尻!

正面から見たらおっと…なんて事もありますが。

やはり綺麗なネーチャンには綺麗な海や青い空が似合いますね。

そんな海やリゾートのオススメも今度書かせていただきます。

 

キングダディ

king

毎年、1月3週目の日曜日は言わずと知れたシノログ祭が開催されます。

場所はマンゴーストリートからオスメニアサークル、そしてコロンストリートまでパレードが抜けるのですがそのエリアはさながらパンクバンドのライブ程の人混みとなっておりますが、セブ市内はどこに行ってもお祭りムードです。

ちなみにローマ字読みでよくシヌログ祭と言う日本人がいらっしゃいますが、uもoも発音はオなのでシノログ祭と読みます。

フィリピン人でシヌログと言う人は居ませんので、普通に生活してればわかりますね。

パレードは企業や団体の物がメインで、毎年凄いパフォーマンスが繰り広げられます。

フィリピン人気ナンバーワン企業のジョリビーも当然、パレードには参列し、ドゥテルテ大統領も見に来るぐらい人気のお祭りです。

注意点としては、シノログ祭を目掛けて田舎の方から盗賊団が街にやってきて、そこかしこで窃盗などを繰り返して稼いで帰る文化もあります。

日本人は特に被害に遭いやすいのでポケットの中やバッグ、スリや置き引きにはお気を付けください。

可愛いオネーチャンもたくさん見かけるのでテンション上がるお祭りなので、気を付けて盛大に楽しみましょう!

 

キングダディ

king

南国と言えば美味しいフルーツ!

セブ島も例外ではなく、街の至る所でフルーツの屋台があり購入する事ができます。

スーパーの中でもフルーツコーナーの品揃えはなかなかのもので、安くて美味しいのが魅力。

例えばマンゴーなんかは1kg70ペソ(約150円)程から購入可能。

フィリピンの美味しいバナナをはじめとするフルーツは基本的にkgで単価が決められており、量り売りで好きな量を買うことができます。

スーパーに行けばカットフルーツも豊富にあり、切る手間を省けますね。

フルーツについても後日、オススメ等を詳しく書かせていただきます!

 

キングダディ

king

フィリピンセブ島の中心地ITパークには週末(木曜~日曜)の夜だけOPENするナイトマーケットがあります。

その名もSUGBO MERCADO。

ビサヤ語でセブのマーケットという意味ですね。

たくさんの席があり、ローカルの人たちや観光客、留学生で毎晩賑わっております。

色々なお酒や屋台のご飯が楽しめ、様々な人達と交流できる場所となっております。

大人気のマンゴーシェイクや…

ビールにチキンを堪能できます!

他にも日本食からローカルフード、多国籍料理まで盛り沢山。

今度、屋台の詳しい記事も書こうと思いますので、乞うご期待。

 

キングダディ

king

レイラムというローカルチェーンがあります。

ご飯やヌードル、ラップなど様々なパターンのメニューを網羅。

ソースの味が濃くて、日本の焼きそばに近いヌードルなんかも食べれて、価格も安いので人気があります。

フィリピンにはラップも色々なお店があるのですが、レイラムも美味しいので気になる人は色々と試してみましょう。

 

キングダディ

king

私の大好きなビール。

いや、愛してるビール。

NO BEER , NO LIFE.

フィリピンには様々なローカルビールがあるのですが、それを代表するメーカーと言えばサンミゲル社。

日本で言えばまぁ、キリンみたいなモノですね。

そのビールをいくつか紹介していきます。

1、サンミゲルピルセン

コクと深みがあり、しっかりした味のビールで観光客や留学生など外国人には結構好まれます。

 

 

2、サンミゲルライト

スッキリと薄いTHE南国ビールでクセもなくビール嫌いな人でも好きになる飲みやすさです。

 

3、レッドホース(サンミゲルスタリオン)

馬のマークでアルコール度数の高い安ビールです。

お金のないフィリピン人が安く手軽に酔うのにローカルの人々はコレを好みます。

 

4、サンミゲルレモン(左)、サンミゲルアップル(右)

サンミゲルのフレーバービールです、味が違うのですが味の表記とフタの色以外は同じデザインなので間違えないように注意してください。

アルコール度数低めでレディースドリンクと言われ男性が飲むと馬鹿にされる飲み物ですが、味はかなり美味しいです。

 

他にも様々なビールがありますが、またの機会に紹介させていただきます。

 

キングダディ